Monthly Archives: 8月 2015

主婦はお金の事で我慢ばかりしてるんです!

<春先は毎年お金に困ります。>
我が家は、毎年、春先にお金に困ります。文字通り、手持ちの現金が底をつきます。春先には毎年、待ったなしでカード払いできない現金要求が一気に来るからです。

まず、固定資産税と自動車税の納税が待っています。そういう時に限って「ユニフォーム代ちょうだい」「○○が壊れた」と子供がつぎつぎと要求してきます。

学校用品も年度や学校そのものが変われば、春先に一気にお金が必要になってきます。学校納入金も春先は楽チンとは言えません。

また、それらを何とかクリアした時、みはからったように、夫が
「スーツを買い替える」
「革靴を買い替える」

等、いいタイミングで買い替えが必要になります。夫は少し安いもので手を打つことがないので、お金が底をつくのではないかと、非常にはらはらします。

今のところ重なったことはありませんが、家電製品の一つが壊れると次々他のものも寿命がきて、買い替えたり修理したりする必要に迫られることがあるので、春先にそのタイミングが来ると、にっちもさっちもいかなくなります。そうならないよう、家電製品の扱いもこの時期やさしくすることを心がけます。

固定資産税やNHKの受信料など、分割して払えるものは極力分割して払って、春先の負担を少し減らすようにしています。
NHKは一年分を払った方がお得ですが、春の負担軽減のため、我が家ではずっと2か月払いです。

固定資産税などの公共料金は、まとめて払っても分割して払っても、トータルで支払う金額が同じなので、これも春の負担軽減のため、極力分割払いします。

春先はお金が一気に出ていくので、年末年始過ぎたら「いずるを制する貧乏なし」なので、無駄な出費を抑えてひたすら財布のひもを固くして、春先の大量出費に備えます。

自分のものはすべて後回し。必要外のものはできるだけ買わない。カード払いにして先送りできるものは極力先送りしておく。冬から現金をなるべく温存しておく。

春になると、夏のボーナスまではひたすら忍の字です。
<自分だけの自由なお金がほしい>
私はつい数か月前から専業主婦になりました。それからというものとてもケチになりお金を使うことをためらうようになりました。と同時にお金のありがたみも痛感しているのですが、お金に困っていないと言ったら現在はうそになってしまいます。

家計はほとんど主人が管理しています。主人からは使いたいときに使っていいと共通のクレジットカードをもらいお金は使える立場にあるのですが、主人が稼いだお金を使うことにとてもためらってしまいます。

なので何か買うときには必ず買うことを伝えたりしているので気持ちよく使うことができません。主人の給料は悪くないのですが、いつ何が起きるかわからなしこれだけあったら安心ということもありません。

私は別に自分の口座を独身時代からもっており、今でもまだ少し貯金が残ってます。すぐに空になってしまうわけではないですが、どんどん減っていく一方で毎回銀行口座をみるたびにがっかりしてしまいます。

だったら働けということになってしまいますが、主人の仕事の勤務体制も考え、私が家にいた方が主人も安心で、料理に専念できるのでお互い健康的な生活が送れお互いにとってメリットがあったので、サポートする側にまわろうと決めたのです。

幸せな生活が送れているのと引き換えに私の収入源はなくなってしまいました。主人と一緒に行動するときは主人が食事代などすべて出してくれるのですが、私だけにかかわるもの、例えばケータイ代や一人で出かけた時のバスの交通費や食事代は今でも自分で出しています。

お小遣いなどは一切もらっていません。女性は特に美容にいつまでたってもお金がかかります。たまには髪も切りたいですし、いい化粧品も購入したいです。服もたまには新しいものを身にまとい気分を変えたくなるのは女性ならではではないでしょうか。

そういった自分だけにかかるお金を誰に確認するでもなく、自由なときに自由に使える自分だけのお金がほしいなと思います。そうすれば相手のお金を使っているという罪悪感がなくなるので少しでもお金をためようと在宅ワークなどでコツコツお金は貯めていますが、いまだに気持ちは満たされません。
<その他>
その他、主婦がお金に困る時はどんな時なのか?またその際の対処法についてまとめたページがあるので、そちらを掲載しておきます。

お金に悩んでいる主婦の方はぜひチェックしてみて下さい(^^)/こちらです・・・主婦がお金に困る時とは?